芝川ビル「建物語」

芝蘭社家政学園 創立記念演奏会プログラム

2008年9月17日[芝蘭社家政学園史料室]

芝蘭社家政学園では「創立記念演奏会」が開催されていたようで、 昭和11年、昭和12年のプログラムが残っています。 (資料:F04_001_062,F04_001_063)   昭和11年で第八回、昭和12年で第九回ですから、 昭和4年の芝蘭社創立時より毎年開催されていた計算になります。 内容は劇、仕舞、舞踏、長唄、ピアノ、筝の演奏・・・・・・と盛りだくさん。 開会は10時からで、途中に昼食の休憩を...

<<終了しました>>
~モダンテラスイベント開催情報~
『佐野繁次郎と芝川照吉』 林哲夫トークショウ

2008年9月17日[イベント]

●『佐野繁次郎 と芝川照吉』 林哲夫氏トークショウ 若き日の佐野繁次郎が親代わりに慕った 芝川照吉(1871-1923)との交流の背景を、 画家・林哲夫さんに講演していただきます。 会期・・・11月3日(祝) 14時開演 チケット(ワンドリンク付) 前売り¥1,000  当日¥1,200 会場・・・芝川ビル モダンテラス   お問い合わせ先・・・Tel 06-6203-5877 または メー...

芝蘭社家政学園 新聞広告

2008年9月16日[芝蘭社家政学園史料室]

(▲資料番号:F04-001-046) "二月二十日 朝日"と鉛筆で記された、記事の切り抜き。 芝蘭社家政学園は、その評判を聞いて入学される方が多かったようですが、 新聞でも広告を行っていました。                     *  *  *  *  * (▲資料番号:F04-001-150) こちらは割烹の先生を募集する"三行広告"の申込書。 一回の掲載料金は四円(求職の場合は二円五...

<<終了しました>>
~モダンテラスイベント開催情報~
『同潤会記憶アパートメント』展 Vol.6 in 大阪
“オオサカ デ キオク トウキョウ ニ ツナグ” 

2008年9月16日[イベント]

1927年、同じ年に東京と大阪にうまれたふたつの建物がありました ひとつは、もう消えてしまい、ひとつは、これからも活かされようとしています 東京・表参道の同潤会青山アパートメントと大阪・船場の芝川ビルのお話 東京と大阪の人々による 写真・映像・言葉・ダンス・音楽で2つの建物を体感するアートイベント開催 2008年は大阪で、2009年は東京で開催する “オオサカ デ キオク トウキョウ ニ ツナ...

<<終了しました>>
~モダンテラスイベント開催情報~
やさしいデザインのはなし+デザインフリマ2

2008年9月12日[イベント]

難しくなりがちなデザインのお話を、一般の方にわかりやすいカタチで提供しようというセミナーイベントです。 わかりやすくデザインの本質をひもとくことで、新たな視点を感じる機会となれば幸いです。 今回は、前回に引き続き、東京より30年もの間、プロダクトデザイナーとして活躍して来られた秋田道夫氏、MicrosoftのXbox 360など数々の製品を手がける(メタフィス)代表のムラタチアキ氏を講師とし...

<<終了しました>>
~モダンテラスイベント開催情報~
中之島メディアピクニック「この風景に在る意味」

2008年9月11日[イベント]

携帯電話と地図を片手に中之島を“メディア”ピクニック きっと今まで見えてこなかった中之島の風景が見えてきます。 古くから大阪の経済と文化の発信地として機能し、また緑豊かな水辺の公共空間として人々に親しまれてきた、中之島。様々な物語と人々の想いが積み重ねられたこの島には、いくつもの表情豊かな風景があります。そしてそれらの風景の向こうには、新しい中之島を感じさせる言葉と意味の世界が広がっています。 ...

幻の「伏見町食堂」

2008年9月 5日[建物について]

ドライエリアの記事を書くにあたり、かつての芝川ビルの外観写真を見ていて気になったのが、ビル東側入口前の看板とおぼしき設置物。 目をこらして見てみると・・・ 「伏見町食堂」の文字が!! 確かに芝川ビル地下の一室、現在の「RIVE GAUCHE」さんのお部屋には、設計時「公衆食堂」が計画されていました。 ▼芝川ビル 地階平面図(F01_001_005) 竣工時の地階の写真もこの通り、まさに「食堂」の風...

芝蘭社家政学園 各種商品券

2008年9月 4日[芝蘭社家政学園史料室]

芝蘭社では卒業のお祝いなど、折々に生徒へ商品券を贈ることがあったそうで、 史料の中にも数種の商品券が残されています。 ◆「柴藤 鰻券」(F04_003_003)   今から約300年前、川魚商の初代治兵衛氏が時の将軍・徳川吉宗から賜った屋形船で創業した「柴藤」。落語にもその名が登場するという大阪を代表する老舗で、現在は高麗橋で営業を続けておられます。 ◆「坂田作治郎商店 お道具券」(F04_003...





このページの先頭へ