芝川ビル「建物語」

4階テラス、タイル張り替え工事の全て

2007年の増築部分撤去工事の際に、コンクリートを撤去して再生した、芝川ビル創建当時からの芝川ビル4階屋上テラスの床タイル。

240-1.JPG
あれから7年が経ち、タイルのところどころにひび割れなども見られ、豪雨の際には雨漏りが生じるようになってしまったことから、遂に、テラスの防水更新工事 及び 床タイルの全面張り替え工事が行われることとなりました。

まずは新しいタイル探しから。

芝川ビルのテラス床タイルは、大正から昭和初期の建物の屋上タイルとしてよく使われていたもので、生駒ビルディングさんや江戸堀コダマビルさん、大丸心斎橋店さん...などで、同じ(或いは類似の)タイルが見られます。

しかしながら、現在は芝川ビルのものと同じタイルは製造されていません。唯一、愛知県常滑市の朝日製陶㈱さんが、大きさこそ少し異なるものの、同じ柄のタイルを製造されているということで、タイルはこちらにお願いすることに。

240-2.TIF
サンプルで届いたタイル。
芝川ビルのタイルに比べて色が濃く、これを70坪ほどのテラスに敷きつめると、以前と随分と雰囲気が変わってしまうかも...ということで、釉薬で少し調整していただくことに。

240-3.JPG
そして届いたのがこちらのタイル。
従来のタイルにかなりイメージが近づいたということで、こちらで張り替えを行うことに決定します。

張り替え工事は、1年のうち比較的モダンテラスのご利用が少ない年始から2月にかけて実施しました。


工事最初の難関は、既存タイルとその下地(パサモルタル、モルタル)の解体・撤去です。

一気に斫っていきたいところですが、斫り工事による音や振動はかなりのもの。芝川ビルの店舗が通常営業する中で、それらを極力抑えるため、まずカッターでタイル2-3枚おきに縦・横に切り込みを入れてから斫っていきます。こうすることで、斫りを最小限に減らし、それに伴う音や振動をできるだけ抑えようと努めたのです。

240-4.JPG
カッターでタイル、タイル下地に切り込みを入れ、

240-5.JPG
240-6.JPG
ブレーカーで一気に斫ります。
音の大きな斫り作業は店舗営業時間前に、営業時間中は比較的静かなカッター切断やコンクリート塊の搬出、という手順で作業を進めました。

240-7.JPG
240-8.JPG
最後の孤島(笑)

240-9.JPG
タイルの一部は傷つけないように取り外してもらい、初代タイルとして大切に保管します。(※こちらのタイルは、2015年12月頃まで、大阪市中央公会堂の展示室に展示されています。)

解体・撤去工事が終わったら、続いて防水処置を施していきます。

240-10.JPG
斫りによってできた凹凸などをひとつずつ丁寧に埋め、床面を平滑にして防水処置の下準備を行います。

240-12.JPG
240-13.JPG
接着剤の役割を果たす「プライマー」、「ハイコート」を塗布し

240-14.JPG
240-15.JPG
防水シートを張り付けていきます。

240-16.JPG
240-17.JPG
240-18.JPG
張り終えたら、上記の作業を繰り返し、2層、3層...と防水シートを重ねていきます。

240-19.JPG
こうしてテラスに5層の"防水シート・ミルフィーユ"が完成!

240-20.JPG
その上、更に万が一タイル下地にひび割れ等が生じた場合の影響を絶ち切るための絶縁シートを敷き詰めて、ようやく防水工事が終了です。

240-21.JPG
その後、実際にテラスに一昼夜水を張る「水張試験」をして、防水がきちんと機能しているかを確認。

水漏れがないことが確認できたら、シンダーコンクリートの打設です。

240-22.JPG
240-23.JPG
コンクリートの打設

240-24.JPG
絶縁シートの上に見られる突起状の"まんじゅう"に高さを合わせてコンクリートを流し込んでいきます。
この"まんじゅう"は、排水ドレーンに水が流れやすくなるよう床に勾配をつけるための高さの目安なのです。

240-25.JPG
240-26.JPG
パサモルタルの敷設
こちらでも正確な勾配をつけるため、糸を張り、その高さに合わせながら慎重に敷設していきます。

240-27.JPG
240-28.JPG
パサモルタルの敷設が完了したら、割付(配置決め)したタイルを張っていきます。

当然ですが、凹凸や曲線のあるテラスに端からタイルを並べても、ぴったりと収まってくれる訳ではありません。どうしても半端が出る訳で、そこにはそのサイズに合わせて切断したタイルを当てはめることになるのですが、場所によっては、端に細く切断されたタイルが入ることで、ぱっと見た際に何やら違和感のある空間になってしまうのだそうです。

そこで事前に全体的なタイルの配置、目地の幅を慎重に調整してから、タイル張りが行われるのです。

240-29.JPG
240-30.JPG
タイルを張り終えたら、最後にモルタルで目地を埋めて完成です。
ちなみに今回は、モルタルの白色が目立ちすぎないよう、モルタルには墨が加えられています。

240-31.JPG
240-32.JPG
こうして随所に様々な心配りをしながら慎重に進められた4階テラスのタイル工事。
完成後はこの通り、所々に白っぽいコンクリートが残ったこれまでの床面とは見違える姿となったものの、従来の壁面とも馴染む、違和感のない仕上がりとなりました。

テラスでは、毎夏のお楽しみ、ビアガーデン「ラグナグ」も始まっています。今夏は新生の床タイルを愛でながら、一層おいしいビールを召し上がっていただければと思います!


■芝川ビル屋上テラス タイル工事
施工・管理、工事風景写真提供:有限会社 和建築


このページの先頭へ