芝川ビル「建物語」

~芝川ビルBreakfast Project~
「ゆる体操」体験♪

10月から「芝川ビル Breakfast Project」の新しいプログラムとして始まった「ゆる体操」は、体を無理に曲げたり伸ばしたりせず、やわらかい動きで体をほぐす体操です。

139-1.JPG

「気持ちよ~く、気持ちよ~く…」などの先生の声に合わせて自分も声を出しながら、体をさすったり、ゆすったり、ぷらぷらさせたりするだけで、本当に簡単なのです!

声を出すのは、それによって自然な呼吸を促すためでもあり、また、例えば「気持ちよく」という言葉に脳が反応し、より気持ちよい状態になろうと自ずから動きを工夫する効果も期待できるのだそうです。ですから「気持ちいい(→)」ではなく、「気持ちよく(↑)」なのですね。

言葉は「気持ちよく」だけではなく、「プラプラ」、「モゾモゾ」、「ギュー」「ドゥワー」「ドサー」などそれぞれの動きに合わせてバリエーションが豊富で、たまにそれは駄洒落?!といった面白いものもあるんですよ。笑

139-2.JPG
139-3.JPG

体操は立ったり寝転がったり椅子に座ったり、体をさすることで体を外側から意識したり、呼吸によって体を内側から意識したりしながら行ないます。バリエーションもたくさんあって、それらを目的別に組み合わせて体操するのですが、中でもこの度のレッスンで私にとって大収穫だったのが、椅子への楽な座り方を教わったことでした。

皆さんは椅子に長時間座るのが結構つらいと感じられることはありませんか?私は疲れてくると、もはや「座っている」というよりは「椅子によって椅子の形に体を支えられている状態」になってしまうことが多々あるのですが、レッスンで「坐骨を探し、坐骨で立つように」着席する方法で随分と座る動作が楽になったような気がします。

それにこの方法、とっても簡単なので、ちょっと姿勢が崩れてきたな…と思ってもすぐに自分で修正可能なんですよ!すごい!!

どこでも簡単にできてしまうのが「ゆる体操」の魅力なのですが、体への負担もほとんど感じずに誰でもすぐにできてしまう動きだなんて、本当に効果があるの?と疑ってしまう方もいらっしゃるかも知れませんね。でもこの一見簡単な「ゆる体操」、実はかなり考え抜かれたプログラムによって構成されているそうなんです。確かに、レッスンの合間の先生の解説はかなり論理的!

こうして論理的、科学的な研究の結果、老若男女問わず、誰でもできる簡単なやり方で体を楽にすることができるなんて、本当に素晴らしいですよね!

先生は、生徒さんの要望を聞きながら体操のプログラムを組んでいきたいと考えていらっしゃるそうで、これからの時期は「冷え」の解消に繋がる体操も取り入れていきたいとのこと。冬は早起きがちょっと辛くなる季節ではありますが、どんどん体が冷えてしまう時期でもありますよね。冷え性でお悩みだという方、対処療法的に温めるだけではなく、「ゆる体操」で体の中から血流を促して温め、根本的な冷え性の克服にチャレンジしてみませんか?

もちろん、腰痛や肩こりなど、冷え性以外のお悩みのある方や、正しい体の使い方をマスターしたい!という方も大歓迎です!!

先生に色々とご相談いただき、一人でも多くの方がこの講座によって多くのものを得て、毎日快適に過ごされることを心から願っています。

ゆる体操の開催日はこちらをご覧下さい。


このページの先頭へ