芝川ビル「建物語」

幻の「伏見町食堂」

ドライエリアの記事を書くにあたり、かつての芝川ビルの外観写真を見ていて気になったのが、ビル東側入口前の看板とおぼしき設置物。

047-1.bmp

目をこらして見てみると・・・
047-2.jpg
「伏見町食堂」の文字が!!

確かに芝川ビル地下の一室、現在の「RIVE GAUCHE」さんのお部屋には、設計時「公衆食堂」が計画されていました。
▼芝川ビル 地階平面図(F01_001_005)
047-3.bmp

竣工時の地階の写真もこの通り、まさに「食堂」の風景です。(P20_009)
047-4.jpg

この食堂は、二年後の「芝蘭社家政学園」の開校にあたり調理実習室へと改装されることになりますが、右端に写る椅子などに「食堂」時代の名残りを見ることができます。(P33_002)
047-5.jpg

しかしながら、メニューはおろか、実際に営業されたかどうかも謎に包まれた「伏見町食堂」。
まさに"幻の"食堂です。


このページの先頭へ